WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月 7日のニュース

米作り継続の岐路 農家の気力奪った豪雨災害

土砂が流れ込んだ田 7月豪雨から1カ月が経った。京都府福知山市の山間部、中山間地では、田んぼが壊滅状態のところがある。穂を伸ばした稲が並び、いつもの年と変わらないように見える田もあるが、その多くで地面がひび割れている。流れ出た土砂で水路がふさがれ、水が引けない。「今年は何とか収穫まで頑張るが、来年はどうしたものか」。被害を受けた農家の人たちは、ため息をつく。

■田の放置は地域の荒廃招くからと頑張って来たが■

 「これを機に米作りはやめてしまうか」「でも、田を放置すると地域は荒廃する」。農家の心は揺れ動く。水路などの施設を元通りにするには、時間と費用、労力、何より強い気力がいる。

 福知山市大呂では、地区内を流れる大呂川や小河川が氾濫し、田畑への土砂流入や水路、有害鳥獣防止柵の破損など、農業関係で50カ所以上が被害を受けた。

 被災した農家の一人、阪梨孝志さん(71)は「米作りは、ただでさえ赤字です。そのうえに、この災害に見舞われて…。それでも、先祖代々受け継がれてきた土地を、簡単に荒廃させたくない」と話す。

 計1ヘクタールの田の一部に川から土砂が流れ込んだ。さらに水路が詰まり、毎日電気ポンプを使って水をくみ上げるなど、いつも以上に労力と経費がかかる。

 別の課題の一つは、地権者と耕作者が違うケースがあること。被災した田について、地権者は「復旧費を払ってまでは…」と考えることが予想され、そうなれば耕作放棄地になる可能性が高い。

 耕作者も利益が目的ではなく、「集落の荒廃を防ぐために」と、頑張っている人が多く、費用を肩代わりしたり、自らの労力で復旧して継続することは難しい。

 自治会長の阪梨範明さん(67)は「地区の有害鳥獣防止柵も、主だったところが2月末に完成したばかりだったのに、延長1200メートルが破損しました。すでにシカが侵入しています。そんな状況ですが、農家のみなさんには、行政の支援制度も活用し、頑張って耕作を継続していただければ」と願う。


写真=7月豪雨で大呂川から土砂が流れ込んだ田

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ