WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月 6日のニュース

平和の鐘鳴り響く広島原爆の日 京都・福知山で多くの寺院

「平和の鐘」が響いた 原爆が広島に投下されてから73年になる6日、京都府福知山市内の多くの寺院や教会で、投下時刻の午前8時15分、「平和の鐘」が響いた。参加者は全ての戦争被害者に向けて手を合わせ、核兵器の廃絶と戦争を繰り返さないことなどを願って鐘を突いた。

 平和の鐘は、原水爆禁止福知山協議会(朝倉義寛代表)が20年以上前から、市内の全寺院などに呼びかけて、広島への投下の6日と長崎への投下の9日に実施している。昨年は約300人が参加した。

 奥野部の長安寺(正木義昭住職)には、市民ら30人が訪れた。中丹合唱団シルクロードのメンバー4人を中心に全員で「原爆を許すまじ」を歌ったあと、一人ずつ鐘を突いた。

 10年以上参加しているという藪見利明さん(80)=岩井=は「戦争で亡くなった人への思いを込めて鐘を突きました。核兵器が無くなればと思います」と話していた。


写真=平和を願って鐘を突いた(6日午前8時15分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ