WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月 3日のニュース

水害被災店舗も協力 ゆらのガーデンで水遊び

ゆらのガーデンに子どもの歓声が響いた 京都府福知山市内で子育て中の親子らが交流するイベント「おひさまひろば」が、蛇ケ端の福知山城周辺にぎわい創出施設ゆらのガーデン芝生広場で2日に開かれた。ガーデン内の店舗は7月豪雨で浸水被害に見舞われたが、イベントの盛り上げに協力し、ゴムプールで水遊びにはしゃぐ子どもらの歓声が響いた。

 おひさまひろばは、福知山市が主催、NPO法人おひさまと風の子サロン(道下伊砂江理事長)が運営して、年間15回、様々な企画をしている。

 水遊びは当初7月12日に開催する予定だったが、直前の5日から7日にかけての豪雨災害でゆらのガーデンが浸水したため中止した。

 ゆらのガーデンでは7店舗中5店舗が被災したが、すでに3店舗が営業を再開し、再び活気づくりに動いている。被災前からゆらのガーデン出店者協議会(仁木弥生会長)、ガーデンを管理する福知山まちづくり会社(堀一社長)が、所有するプール、休憩用テントなどを準備して水遊びに協力する話がまとまっており、今回の延期開催にあたっても変わらずに力を貸した。

 プールは大人も入れる大型から、小さな子向けの浅いもの、噴水が出るタイプなど計8つ準備された。親子約110人が訪れて、好きなところで自由に遊んで、一帯がにぎわった。

 この日のために噴水プール、プールに入れる氷柱などをそろえた出店者協議会メンバー・オフィスヒュートの達川寿志社長は「子どもたちの笑顔が見られてよかった。私たちも元気をもらいました」と目を細めた。

 おひさまと風の子サロンの足立喜代美副理事長は「親子で楽しんでもらいながら、ゆらのガーデンが再開している姿を見ていただく機会にもしたかった」と話し、多くの来場を喜んでいた。


写真=7月豪雨で被災したゆらのガーデンに子どもの歓声が響いた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ