WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年7月30日のニュース

イオンに妖怪が出たゾ〜 嵯峨美大生らが鬼博催事PR

恐ろしい妖怪に驚く子 京都府福知山市岩井のイオン福知山店で、大学生らによる妖怪行列が28日にあり、買い物に来ていた親子連れらを驚かせた。

 大江町佛性寺、日本の鬼の交流博物館で開かれている夏季特別展「怪鬼! 大江山妖怪屋敷」のPRが目的で、嵯峨美術大学(京都市)の学生やOBらでつくる妖怪藝術団体「百妖箱」(ひゃくようばこ)のメンバー3人が妖怪に扮した。

 妖怪は「ぬらりひょん」「鬼婆」「茄子婆」。恐ろしい表情のかぶり物を身に着け、店内の1、2階をゆっくりと歩き回り、イベントのポスターを見せながら鬼博への来館を呼びかけた。

 妖怪の姿を見て、大声で泣きだす子のほか、妖怪と仲良く写真撮影する子もいて、3体の周りには怖いもの見たさに、多くの人が集まっていた。

 百妖箱の代表で、嵯峨美術大学芸術学部の講師、河野隼也さん(36)は「妖怪を見て、みなさんに良いリアクションを取ってもらい、PRが出来ました。博物館ではもっと怖い雰囲気の展示になっているので、ぜひ見に来てほしい」と話していた。

 夏季特別展は9月2日までで、百妖箱のメンバーたちが作った妖怪のマネキン人形や絵、面などを展示している。


写真=恐ろしい妖怪に驚く子どもたち

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ