WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年7月13日のニュース

各地から支援の職員続々 福知山で被害調査や消毒作業

災害ごみを回収する京丹後市職員 7月豪雨で広範囲が被災した京都府福知山市に支援の手をと、姉妹都市の長崎県島原市、さらには府内の近隣市が、それぞれ職員を派遣。13日から災害ごみの収集や家屋被害調査、浸水家屋の消毒作業をサポートするなど、支援の輪が広がっている。

 応援派遣で駆けつけたのは、島原市をはじめ、京丹後市と木津川市の職員合わせ55人。京丹後市と木津川市は災害ごみの収集、島原市は家屋被害調査と浸水家屋消毒にあたっている。いずれも16日までの予定となっている。

 各自治会の臨時集積所から、牧の環境パークまで運ぶ災害ごみの収集は、すでに10日から始まっており、13日は池部−安井方面、牧−森垣方面、大江町方面の3班に分かれて実施。池部−安井方面には、京丹後市の職員3人が同行し、使えなくなった家電や家具などを、ごみ収集車に積み込んだりした。

 京丹後市子ども未来課の宮原孝太さん(25)は「同じ府北部の自治体として、少しでも力になりたいという気持ちです。派遣が一日も早い復旧につながればうれしい」と話し、汗を流しながら懸命に作業していた。

 福知山市生活環境課の井上和成課長(56)は「被災が広範囲にわたり、多量のごみが出て人手が足りなかったため、派遣はとてもありがたい。まだ収集が進んでいない地域もあるので、急ピッチで進めたい」と話している。

 いずれの応援派遣も、今後の復旧状況によっては、期間の延長や人員を増やす可能性がある。また17日からは、兵庫県朝来市の職員22人が訪れ、家屋被害調査を31日まで支援する予定。


写真=集まった災害ごみを回収する京丹後市の職員(池部公民館横の集積所で)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ