WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年6月15日のニュース

市民の信頼失墜−庁舎放火未遂で職員逮捕 市長会見(詳報)

謝罪する大橋市長(左)ら 4月の市役所庁舎不審火で男性職員(32)が逮捕されたことを受け、京都府福知山市は14日夜に市役所で緊急会見を開いた。大橋一夫市長は「逮捕容疑が事実であれば、市職員が市役所庁舎と公文書に放火したこと、人命を危険にさらしたことは、決して許されるものではない」とし、「市民の信頼を大きく失墜させるものであり、深くおわびいたします」と頭を下げた。

 容疑者は、昨年4月に社会人枠で採用され、保健師として勤務。高齢者福祉課の高齢企画係で、軽度の要介護者に対する訪問サービス、高齢者向けの体操教室といった事業を担当していた。

 上司の課長は「普段から口数が多い方ではなく、積極的にコミュニケーションを取るタイプではなかったが、まじめで仕事はきっちりしていた。大きなトラブルを抱えていることはなかった」という。

 また不審火が発生した4月は、年度当初の繁忙期で、残業はあったというが、他の職員と比べて多いことはなかったとし、「事件後も通常通り勤務しており、変わった様子もなかった。正直驚いており、いまも信じられない」と話した。

 この事件を受け、市は開庁時間外に庁舎内に入る際のチェックを厳しくしている。


写真=職員の逮捕を受けて謝罪する大橋市長(左)ら

【関連ニュース】
 ・市役所不審火 職員を放火未遂で逮捕(速報)

 ・夜の市役所で不審火 火の気無い場所に油の異臭

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ