WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年6月 8日のニュース

成美高で小中学生がバスケ 先生や保護者が指導

 京都府福知山市内の小中学生を対象にした「SEIBIジュニアバスケットボールスクール」が、福知山市西小谷ケ丘の成美学園体育館を練習場に月2、3回のペースで開かれている。福知山成美高校バスケ部の顧問らがボランティアで指導しており、子どもたちは技術を高めようと熱心に取り組んでいる。

スクールは2012年に、当時中学生でバスケをしていた子の親、福井秀雄さん(57)と、福知山成美高校女子バスケ部顧問の伊藤久教諭(54)、同校男子バスケ部顧問の岩木太郎教諭(50)が、市内のバスケ人口の増加と中学生のレベルアップにと始めた。

 当初は毎週火曜日に、午後7時から開いていた。練習では伊藤教諭と岩木教諭が技術を教え、福井さんがサポート。ドリブル、シュートなどの基本動作を繰り返したあと、最後にゲームもする。

 練習生は中学生だけだったが、小学生も教えてほしいという希望があったことから門戸を広げ、多い時には舞鶴、綾部両市や兵庫県などからも集まり、約100人が在籍していた。

 現在は小学4年生から中学3年生までの男女約20人が指導を受ける。小学生の中には市内のミニバスケットボールクラブに所属している児童がいるほか、学校のバスケ部に所属していて、更なる上達を願い通う中学生もいる。

 指導はバスケを好きになることを基本に、実戦を見据えたメニューで、分かりやすく教える。成美高男女バスケ部の部員が手を貸すこともある。

 小学4年生のころからスクールに通う南陵中2年の足立真彩さんは、部活動が終わったあと成美高に足を運ぶ。「もっとうまくなりたいと思い、通い始めました。分かりやすく教えてもらえるのがいいです。これからも続けていきたい」と話す。スクールを終了し、高校や社会人になっても競技を続ける人が多いという。

 福井さんは「高い指導力を持つ伊藤さんと岩木さんに教えてもらえるので、子どもたちは張り切って練習に臨んでいます。初心者も大歓迎で、スクールに入って、バスケを楽しんでほしい」と呼びかけている。無料。


写真=成美高体育館で熱心に練習に励む小中学生たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ