WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月31日のニュース

福知山城一帯を光で演出 青年会議所がCFで資金調達

福知山城 京都府福知山市在住・在勤の20〜40歳の青年たちで構成する一般社団法人福知山青年会議所(JC、福谷圭一郎理事長)は、内記一丁目の福知山城一帯をライトアップして観光客を増やし、まちの活性化につなげる事業を新たに企画した。市た毎夜ライトアップをしているが、これとは別に光で演出し、夜にも多くの人たちを呼び込める観光事業にしたいと考えている。

 イベント名は「福知山イル未来と2018」。インターネットで広く協力を求めるクラウドファンディング(CF)で事業推進のための資金を募っている。

 福知山JCでは、05年から福知山城周辺をキャンドルで照らす取り組み「福知山三日点火」を毎年開催してきた。昨年は中止したが、これまでの三日点火で培った取り組みのノウハウを活用し、新たな観光事業として取り組む計画を立てた。

 イベントは9月15、16、17日に開催する予定で、午後6時から10時まで、投光器やLEDライトで城の石垣や門、登り道、城下の親水公園などを照らしていく。

 現在、市が夜間に城全体をライトアップしているが、今回の事業では、照明デザイナーの長町志穂さんに、光のあて方などを演出してもらい、城の別の魅力を引き出す。

 城の下にある福知山城周辺賑わい創出施設・ゆらのガーデン内も、照明の光を駆使して影絵などで遊べる場や城と一緒に撮影できるブースも設ける。城周辺を訪れた人たちにはイベント後、市内でゆっくりと飲食、宿泊をしてもらいたいと考えている。

 募金の目標額は100万円。クラウドファンディングサイトの「レディーフォー」で6月29日まで受け付け、集まった資金は照明機材の購入費などにあてる。これとは別に、府の補助も受けたい考え。

 福知山JCは、取り組みが実現すれば、来年以降も事業を続けたいと考えている。城だけでなくさまざまな観光地、施設などでライトアップの取り組みを広げたいという。

 今回のイベントを担当する青年会議所メンバーの足立聖忠さん(33)は「市民にとって誇るべき存在の福知山城を光り輝かせることで、より福知山を元気なまちにしていきたい。ぜひ多くの人たちに協力していただきたい」と話している。


写真=新たなライトアップ事業の舞台となる福知山城

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ