WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月21日のニュース

23年かけ集落結ぶ南域農道完成 増水時の通行確保

安国南山トンネル 京都府が旧町時代の1995年から福知山市大江町河東地区で工事を進めてきた「大江南域農道」が、このほど完成した。農道は谷筋の集落間と農業施設を行き来しやすくし、由良川の増水時に冠水して通行不能となる川沿い道路の緊急迂(う)回路としての役割を果たしていく。

 府営基幹農道整備事業で千原、尾藤、南山西部を山中で結ぶ。各集落は由良川右岸沿いの府道には道路がつながっているものの、横方向の道が無く、隣の集落へ行くにも、一度川沿いまで出る必要があった。

 新しい農道の延長は2877メートル。幅員は5・5メートルの2車線。南北2つの工区に分けて工事が進められ、北工区は千原−尾藤の840メートル区間で、2008年に完成し、供用開始している。

 南工区は尾藤−南山西部の2037メートル区間。途中で「安国南山トンネル」(延長315メートル)がある。総事業費は22億3千万円。国が50%、府が32・5%、市が17・5%を負担した。

 22日午前10時からは現地で、地元住民らでつくる大江南域農道整備推進委員会(神内國夫委員長)主催の農道開通式がある。府中丹広域振興局の野村賢治局長や大橋一夫市長らが出席し、テープカットなどをして開通を祝う。式後に供用開始となる。


写真=完成した南工区の安国南山トンネル

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ