WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月17日のニュース

福知山城の入館100万人 光秀大河など朗報続く

福知山城の入館100万人 京都府福知山市にある明智光秀ゆかりの福知山城入館者が16日、再建以来31年余で100万人に達した。西佳屋野町の梅原東さん(48)、恵さん(46)夫婦が節目の来館者となり、大橋一夫市長、駿河禎克館長らが花束と記念品を贈るなどして祝福した。

 福知山城は1580年(天正8年)ごろ、丹波を平定した光秀が築いた。1873年の廃城令により取り壊されたたが、1900年代後半に再建の機運が高まり、市民が瓦一枚につき3千円以上を1口として寄付する「瓦一枚運動」で資金の大半を確保し、再建した。

 再建された城は1986年11月に開館。来館者数は翌年度に4万8千人を記録したが、2005年度は2万人台に。その後、市などが企画や展示に力を入れたり、全国的に歴史や城のブームが沸き起こるなどして増加傾向に転じ、2015年度以降は4万人前後で推移。入館累計は今年3月末で99万2726人となっていた。5月には2020年のNHK大河ドラマ主人公が明智光秀に決定し、注目が集まっている。

 100万人目の梅原さん夫婦はタクシー運転手で、「お客さんをお城まで乗せることが増えた」と言い、城について話せるようにと、夫婦で勉強を兼ねて訪れた。2人は「びっくりしましたが、タクシーを利用するお客さんへの話のきっかけにもなります」と喜んでいた。


写真=駿河館長、大橋市長らと記念撮影をする梅原東さん、恵さん夫婦(左から) 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ