WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月16日のニュース

木の枝に白い卵塊 元伊勢内宮でモリアオガエル

モリアオガエルの卵塊 京都府福知山市大江町内宮、元伊勢内宮皇大神社(大林八十彦宮司)の境内で、モリアオガエルの産卵が始まった。木の枝に白い泡状の卵塊がぶら下がっていて、参拝者らが見入っている。

 卵塊が見られるのは、神社奥の山すそにあるヒョウタン型の池で、今年は4月終わりごろから作り始め、現在約10個が池の上に張り出した木の枝からぶら下がっている。例年と比べ10日ほど早いという。

 モリアオガエルは池の裏山に生息。卵塊はカエルの体内から出した粘液で作られ、直径10センチから15センチの大きさになり、中に卵を産む。

 内宮では毎年150個ほどの卵塊ができるという。大林宮司は「たくさん卵塊ができるということは自然が豊かな証拠だと思います」と話している。


写真=池の上の木の枝に作られた卵塊

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ