WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月29日のニュース

新町商店街に「まちかどキャンパス」 公立大が開設

まちかどキャンパス 学生や市民らが集い交流し、学び合える場にと、福知山公立大学(井口和起学長)は、京都府福知山市の新町商店街で、空き店舗を利用したまちかどキャンパスの開設をめざしている。5月15日ごろのオープンを予定している。

 公立大の公開講座や子どもの学びをサポートする寺子屋事業など、幅広く市民に親しんでもらえるような取り組みを検討している。建物は上新町で写真館として使われていた2階建ての空き店舗を使う。

 名称は「吹風舎」に決まった。教職員と学生らが、和泉式部の歌と言われる「丹波なる 吹風の山の もみじ葉は 散らぬ先より 散るかとぞおもう」からとって、名付けた。大学が福知山に新たな風を吹かせることができれば−と思いを込める。

■準備に市民も参加■

 開設へ向けての準備には市民も加わっている。22日には学生や市民有志が漆喰塗り作業のワークショップをした。子どもから大人まで参加し、楽しそうに手を動かし、家族と一緒に体験した惇明小学校2年生の木下和奏さんは、「絵を描くのが大好きなので、とても楽しかった」と笑顔を見せていた。
0423sikkui.jpg
 改築の設計は京都工芸繊維大学が協力。ワークショップに向けても16日から18日まで、工繊大と公立大の学生らが下準備をした。

 公立大の教職員らでつくるまちかどキャンパス専門委員会の谷口知宏教授は、「学生有志たちも頑張って取り組んでいます。大学と市民のみなさんが学びと交流を深められる場になれば」と期待を込める。


写真上=オープン間近のまちかどキャンパス
写真下=漆喰塗りのワークショップを楽しむ参加者

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ