WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月22日のニュース

懐かしの「てんとう虫」 ショールームにスバル360

スバル360 1958年から70年にかけて開発・販売され、てんとう虫の愛称で親しまれた軽自動車「スバル360」が、京都府福知山市蛇ケ端、福知山スバル自動車のショールームに展示されている。年配の人たちには懐かしく、若い人たちにとってはかわいらしい車として、注目を集めている。

 スバル360は富士重工業(現・SUBARU)が開発。排気量356佞龍冷2サイクル2気筒エンジンを後部に搭載したことで、大人4人が乗車できる空間を確保した。

 全長2・99メートル、幅1・3メートル、高さ1・38メートル。卵の殻の形をしたモノコックボディが特徴で、車両重量は385キロと軽い。2016年には、技術面で歴史的に意義のある「機械遺産」に認定された。

 福知山スバルにあるものは自社所有で、製造年は不明。スバルが出来てから今年で60年になることからショールームに展示し、来店者らに見てもらっている。

 伊東敏郎・福知山スバル社長(62)は「小さいころに乗った思い出があり、そのころは中が広く、乗り心地が良いと思ったことを覚えています。技術的にもうまくつくられていて、今見てもかっこいいですね」と話している。


写真=洗練されたデザインが今も人気を集めるスバル360

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ