WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月19日のニュース

文芸に秀でたお殿様 福知山城で朽木氏名品展

歴代藩主の作品 春の企画展「お城の名品展〜朽木氏ゆかりの文物」が、京都府福知山市内記一丁目、福知山城(市郷土資料館)で18日から始まった。13代にわたって福知山藩主を務めた朽木氏ゆかりの資料、文芸作品などが並び、来館者の興味を引く。5月28日まで。

 寛文9年(1669)から廃藩置県の明治4年(1871)まで、3万2千石の福知山藩を治めた朽木氏は、6代藩主の綱貞、10代綱方など文芸に秀でた人物が多く、名品展では城が所蔵する作品などを展示している。

 テナガザルのさまざまな姿態を、生き生きと表現した綱貞の「百猿図」、湖沼などで群れる雁を描いた「百鳥図」、朽木家に伝わる狩野派画家作の「鷹狩り絵巻」も並ぶ。

 また優れた古銭研究者だった8代昌綱著の「和漢古今泉貨鑑」のほか、各藩主や作品の解説文なども添えられている。

 城の開館時間は、午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)まで。毎週火曜日休館。入館料は大人320円、小中学生100円。


写真=文芸に秀でた歴代藩主の作品が並ぶ

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ