WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月 7日のニュース

新入社員ら陸上自衛隊を体験 規律や団結学ぶ

歩幅を合わせた行進を練習 京都府福知山市の陸上自衛隊福知山駐屯地(司令・飯島達也1等陸佐)は、一般企業の新入社員らを受け入れての隊内生活体験を5、6両日に催した。福知山市内外から集まった新入社員らが敬礼、行進などの体験を通じて、規律を守り団結することの大切さを学んだ。

 今年は西田工業(西田吉宏社長)の22歳〜36歳の新入社員ら5人、福知山税務署(岡藤秀樹署長)の23歳〜55歳の職員9人、京セラ京都綾部工場(谷津由尚工場長)の高卒新規採用者14人が参加。西田工業、京セラの参加者は1泊2日で、福知山税務署は5日のみ体験した。

 初日は気をつけ、方向転換などの基本教練と重さ約10キロの重量物が入ったリュックサックを背負っての行進訓練を実施。参加者は指導隊員の説明を真剣な表情で聞き、一つずつの動作を実践していった。

 初めはぎこちなかった動作も徐々にスムーズになり、後半には指導隊員や仲間の号令に合わせて息の合った行進をする姿が見られた。

 担当教官を務める同駐屯地第7普通科連隊本部管理中隊衛生小隊長の小柴勇次三尉は「社会に出たばかりの人が多いので、規律を守る心、厳しい状況下での団結心を学び、持ち帰ってほしい」と話していた。


写真=歩調や歩幅を合わせた行進を練習する参加者

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ