WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年3月23日のニュース

ツバキ3万本が出迎え 舞鶴自然文化園

カメリアハウス 約1500種3万本のツバキがある京都府舞鶴市多祢寺、舞鶴自然文化園で、ツバキまつりが始まった。4月20日までの会期中、園内が順に見ごろを迎える。

 いま見ごろを迎えているのはカメリアハウス内。「シラハトツバキ」、「ファイヤーフォールズ」などが大輪を咲かせている。野外の南側区画も、日本ツバキの「曙」など、見ごろとなった花が増えてきた。また展示会場では、日本古来のツバキから、世界の様々な品種のツバキを鉢植えや写真パネルで紹介。人気品種の苗木販売もしている。

 イベントも多く企画。24日午後1時からは、ツヅラ藤のつるを使っての「つるかご教室」がある。講師に教わりながら編み上げ、持ち帰る。1200円。事前に電話受け付けをしているが、空きがあれば当日でも申し込める。

 4月15日には、ツバキ油を使った化粧水作りが体験できる。午前10時から随時開催。ツバキ油は保湿効果が高く、ヘアケア以外に肌の保護にもよいとされる。体験会では化粧水30佞鮑遒辰謄椒肇襪貌れ、持ち帰る。先着30人を当日、展示会場で受け付け。300円。

 4月14日には園内の見どころを職員がガイドして回る園内散策会が午前10時からと午後1時30分からの2回ある。事前申し込み制。各回先着10人。

 いずれも問い合わせは電話0773(68)0221、公益財団法人舞鶴市花と緑の公社。


写真=大輪のツバキが咲き競い、見ごろを迎えているカメリアハウス内

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ