WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年3月22日のニュース

由良川の在田橋が落下 河床削られ橋脚沈む?

中央部が落ちた在田橋 京都府福知山市大江町在田−公庄の由良川に架かる在田橋の中央部分が、42メートルにわたって沈下・落下しているのが、22日朝、見つかった。府中丹西土木事務所は、中央部付近の河床が削られて、橋脚が沈んだのが原因とみている。20日に、床版が少し下がっていたため、夜から通行止めにしていた。

 在田橋は1959年に府が鉄筋コンクリート造りの床版橋として架設した。増水時に水中に沈む潜没橋で、長さ131メートル、幅は5メートル。府道私市大江線が通っている。

 昨年9月の台風18号による出水で、河床が低くなっていたため、府では定期的に点検を実施。20日午後4時ごろに府職員が点検した際に、中央付近の床版が約1センチ下がっていたため、同7時から通行止めにしていた。22日に業者が見回りに来た際、橋が落ちているのに気付き、府へ連絡した。

 床版が落下したのは、公庄側の橋の取り付け部から約45メートル進んだところ。土木事務所によると、この場所は流れがきついため、河床が掘られた状態で、通常から深くなっているという。19日ごろからの雨で由良川が増水したことも今回の落下に影響しているのではないかと推測している。

 府では水位が低くなるのを待って、河床の調査をして、復旧に向けて検討していくことにしている。


写真=中央部が落ちた在田橋(22日午前8時25分ごろ)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ