WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年3月 6日のニュース

アユを3600キロ放流、カワウ対策にも力 由良川漁協

アユの放流 由良川漁業協同組合(瀬野照義組合長)は、京都府福知山市猪崎の市武道館で4日に第68回通常総会を開いた。今年度の事業計画ではアユの放流やアユの天敵のカワウの対策を講じていくことなどを承認した。

 総会には組合員52人が出席。瀬野組合長は「昨年度はアユの天然そ上が少なく、3回もの大きな台風があり、これまでで最も悪いアユ漁となりました。内水面漁業は厳しい状況ですが、何か良いアイデアがあれば知らせてほしい」と呼びかけた。

 今年度(1月〜12月31日)事業ではアユ、フナ、ウナギ、ボラ、マス、テナガエビの稚魚放流を計画しており、アユについては昨年度と同じ3600キロを放す予定にしている。

 また、このところハエの稚魚が入手できなくなっているため、3年前から川底をならす産卵床づくりに取り組んでいて、今年度も由良川と牧川の合流点付近で実施する。

 このほかアユなどを食べるカワウの対策として、三和町と大江町の河川でテグス(糸)を張って飛来を防ぐ。綾部市内の2カ所で外来魚の駆除もする。


写真=漁協が毎年行っているアユの放流(一昨年撮影)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ