WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年2月16日のニュース

確定申告始まる 福知山税務署に多くの人

確定申告始まる 2017年分の所得税・復興特別所得税の確定申告の受け付けが16日、一斉に始まった。京都府福知山市篠尾新町の福知山税務署にも、朝から多くの人が訪れている。3月15日まで。

 申告の対象者は、給与所得が年間2千万円を超える人▽自営業の人▽医療費や住宅ローンで控除を受けることができる人ら。

 今回から医療費控除が大きく変わり、これまでの領収書の提出から明細書の提出となった。明細書の代わりに、健康保険組合などから送られてくる「医療費のお知らせ」を添付書類として利用できるようになり、書類作成の作業が簡略化できる。ただし、自己負担した医療費の表示がないものは、明細書代わりにはできず、記載がない月の分は明細書に記入する必要がある。

 また、少額の市販薬代が控除対象になる新たな税制「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)での申告も始まった。

 税務署での相談の受け付けは午前9時から午後4時まで。混雑の状況によって受け付けを切り上げる場合がある。土、日曜日は閉庁。申告者はマイナンバーが分かる書類と申告者の身元が分かるものを持参する。福知山税務署は数字を入力すると自動計算するパソコンを初日は10台準備。分からないところは職員が手助けしている。今後12台に増やす。

 また、自宅でできる電話相談、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナー、電子申告のe−Tax(国税電子申告・納税システム)の利用を呼びかけている。


写真=福知山税務署に多くの人が確定申告で訪れている(16日午前10時ごろ)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ