WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年2月 9日のニュース

目標の3・5倍 産業支援センターの相談件数

西山センター長と話す川見さん 京都府福知山市駅前町、市民交流プラザ1階の福知山産業支援センター(ドッコイセ!biz)が、15日で開設から1カ月を迎える。売り上げアップなどをめざす中小企業や農家らの相談に、無料で何度でも応じるもので、相談予約が相次いでいる。一日5件の相談を受け付けることも多く、他市の支援センターと同様に“行列のできる相談所”になりつつある。

 8日現在で相談済み件数は83件、今後の予約を含めた申し込み総数は142件。開設からの1カ月間で区切ると、予約件数(相談済み含む)は106件となっており、目標としていた30件の約3・5倍で、想定をはるかに上回っている。

 業種でみると、卸売業と小売業、飲食業が多く、サービス業、農林業、建築業、農業、製造業がほぼ同数だという。相談内容は、事業全般38件、企業間や関係機関と連携の可能性を探る情報収集25件、販路拡大23件、新製品・サービス開発19件の順になっている。

 和やかな雰囲気で話し、笑顔で帰る人が多いといい、西山周三センター長(44)は「とりあえず行ってみようという人も多く、悩みを聞き出すことに労力がいりますが、楽しんでやれています」という。

 8日に2回目の相談に訪れた中ノの菓子店・川見風月堂の代表、川見麻由子さん(44)は「売り上げを増やしたいという気持ちは、漠然とありましたが、初回は何を聞いたら良いか分からないまま、相談に来てしまいました」と話す。

 「コーヒーロールやカステラなど、メイン商品の売り出し方を中心に、アドバイスいただくことになり、相談できる人も近くにいなかったので、本当に来てよかった」と喜ぶ。

 西山センター長は「限定商品で手づくりである、という強みを前面に出してPRすること、ケーキの形状を変えること、陳列方法の工夫などを提案しました。選択と集中でやっていけば、結果はついてくると思います」と期待していた。

 ドッコイセ!bizでは、相談予約を受け付けている。相談日は毎週火曜日〜土曜日(祝日を除く)の午前10時から午後6時まで。相談予約は電話(22)0100。


写真=和やかに西山センター長と話す川見さん(左)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ