WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月23日のニュース

姫髪山のシカ集中駆除で166頭捕獲 京都府猟友会

下元福知山支部長 一般社団法人京都府猟友会(奥田定雄会長)は昨年3月から12月までの間、京都府福知山市下豊富地区内の姫髪山周辺で、シカを対象に集中的な駆除を実施した。周辺では約400頭のシカが生息していたとみられるが、今回の駆除で頭数が半数近くに抑制できた。これまでシカによる食害に困り切っていた地元自治会などから、府猟友会に感謝状が贈られた。

 姫髪山周辺にはニホンジカが多く生息。周辺では田畑の作物が荒らされ、姫髪山のふもとにあり紅葉で有名な長安寺では、もみじの苗木が食い荒らされるなど大きな被害が出ている。

 駆除は2016年度に創設された府の「指定管理鳥獣捕獲等事業」で実施。生息個体数に対して捕獲が十分に進んでいない地域を対象にする施策で、地元から捕獲要望が高い姫髪山周辺と綾部市内の四尾山周辺の区域が実施区域に選ばれた。

 姫髪山では府猟友会が委託を受け、福知山支部など32支部の中から高い狩猟技術を持っているメンバー約25人が猟銃とわなを使い、166頭を駆除した。

 また駆除の際、姫髪山北西部にあたる上川口地区方面にシカが追われ、民家近くに逃げ込まないように、山際のJR山陰線沿いに設置されたフェンスの破れも補修した。

 駆除の結果、姫髪山周辺ではシカの目撃数が減少。特に長安寺境内では激減した。

 19日には篠尾新町のサンプラザ万助で感謝状の贈呈式があり、奥田会長(77)に、下豊富自治会長会・農区長会(連名)、上川口自治会長会などからそれぞれ手渡された。

 下豊富自治会長会の荒川修会長(69)は「最近はシカが民家近くまで現れ、大変な被害に悩まされてきました。多数のシカを駆除していただき、本当にありがたい」と感謝していた。

 奥田会長は「地元の人たちに喜んでもらえ、よかった。府内はシカが増えて困っているところが多いので、今後もそうした場所に出動したい」と話していた。

 今回の駆除で山の地図作りや案内役など、リーダー的役割を務めた福知山支部の下元照男支部長(69)は「地元の方々の理解と協力がなければ、これだけの成果は出ませんでした。今後も市内で駆除を頑張りたい」と語った。


写真=駆除を実施した姫髪山周辺の山々を指さす下元福知山支部長

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ