WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2015年12月12日のニュース

マイナンバー通知カード 福知山市は3129通返送

 マイナンバーを個人に知らせる通知カードが、受取人不在などで届かず、自治体に返送されるケースが増えている。福知山市でも7日現在、市内の全世帯のうち、8・75%にあたる3129通が返送されており、市では「出来るだけ受け取ってもらえるよう、案内している」という。

 通知カードは、簡易書留郵便で世帯ごとに届けられる。ただし受取人が不在で、郵便局での1週間の保管期間が経過したり、住民票の住所と住居が違っていたりした場合は、「転送不要」扱いのため、各市区町村に返送される。

 市では、宛先不明などの理由により受け取っていない世帯に対しては、「転送可能」扱いの郵便で、カードを市で受け取ることを知らせる文書を送付している。

 転送先も不明で、連絡がとれない場合には、市で調査を行うといい、出来る限り手元に届くよう努めている。

 10日までに市で受け取られた通知カードの数は、3129通のうち711通。残りは3カ月ほど市で保管するが、海外への長期出張など、やむを得ない場合を除き、最終的に廃棄されることになるという。

 通知カードがない人が今後、マイナンバーの提示が必要になった場合は、通知カードの再発行申請、マイナンバーを表示した住民票を取得することなどが必要になる。

 通知カード、個人番号カードに関する問い合わせは、市民課窓口係、電話(24)7014へ。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ