WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2015年2月 2日のニュース

江戸−昭和の彫物師・中井権次一族 顕彰会が作品マップ

大原神社にある彫刻作品 江戸時代から昭和初期にかけて、丹波柏原で「丹波の彫物師・中井権次」として名をはせ、福知山市などの寺社仏閣の彫刻を手掛けた彫刻師・中井一族の作品を紹介するマップが、このほど完成した。彫刻作品が現存する丹波など214社寺の位置を地図で示し、中井家の足跡が分かる。福知山市にも12カ所あり、このうち6社寺は写真付きで紹介している。

 マップは昨年1月に発足した中井権次顕彰会(千種正裕会長)が発行。NPO法人北近畿みらい、丹波市観光協会が協力した。

 顕彰会の事務局長で、マップを監修した岸名経夫さんによると、丹波柏原・中井一族の初代は、徳川家康が召し抱えていた京大工頭の中井正清。4代目−9代目は丹波、丹後、但馬、播磨などの寺社仏閣の龍、麒麟などを彫る彫物師として活躍した。このうち6−8代目は「中井権次」を名乗っている。
0202map.jpg
 写真付きで掲載している福知山の作品は、観音寺(観音寺)▽長安寺(奥野部)▽久昌寺(寺町)▽大原神社(三和町大原)▽生野神社(三俣)▽浄仙寺(大江町河守)の6カ所。稲粒神社(川北)▽熊野神社(大江町公庄)▽梅田神社(三和町菟原下)▽宇徳神社(夜久野町板生)▽天満宮(夜久野町直見)▽一宮神社(夜久野町額田)は位置を示している。

 岸名さんは「中井権次の優れた技術を見てほしい」と話している。

 マップは1万部作成。1部100円。

 3月1日午後1時から、丹波市柏原町の丹波新聞社で、一族のルーツの中井正清に関する講演会があり、マップも販売する。問い合わせは電話0773(40)2211の北近畿みらいへ。 


写真上=三和町の大原神社にある彫刻作品
写真下=発行されたマップ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ