WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月29日のニュース

浴室は暖めてから入って 「ヒートショック」注意をと消防本部

 「冬場の入浴、高齢者は要注意を」「脱衣所、浴室は暖めてから入って」。暖房の利いた部屋から寒い浴室、トイレに入って脳卒中や心筋梗塞などを起こす「ヒートショック」による救急搬送が福知山市内で増えており、市消防本部は注意を呼びかけている。

 ヒートショックは、急激な温度変化で、血管が急激に収縮し血圧の急上昇や心臓への負荷がかかるために起こる。消防本部によると、浴室でヒートショックで倒れていた人を救急搬送したのは、昨年は45件だったが、今年は昨年を上回る52件(27日現在)に達した。多くは高齢者で、10月−2月は特に増えるという。

 消防本部は「ヒートショックが原因で亡くなる人は、年間1万人以上とも言われています」とし、予防策として脱衣所、トイレは小型暖房器具で暖める▽浴室内にはすのこやマットを敷く▽シャワーで湯をため浴室全体を暖める▽急に熱い湯につからず、掛け湯を十分にする−ことなどを勧めている。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ