WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月28日のニュース

年賀状仕分け大忙し 福知山郵便局は300人で1200万枚

1228nenga.jpg
 福知山市北本町一区の福知山郵便局(吉竹裕之局長)は、年賀状の仕分けがピークを迎え、学生らの短期アルバイトも動員して24時間態勢で作業に追われている。

 郵便番号の上2桁が「62」の郵便物は亀岡以北に割り振られていて、拠点局の福知山局にそのすべてが集まるため、大量の年賀状を仕分けることになる。

 年賀状の引き受けは15日から始まり、仕分け作業は20日ごろから本格化。高校生らの短期アルバイト約160人を雇い、社員や長期アルバイトを含めて300人以上で、交代しながら終日作業をしている。

 各地からトラックで年賀状が次々に運び込まれると、天地や表裏をきれいにそろえるところから人海戦術で始める。これを1時間に5万枚の郵便番号を読み取れる区分機に取り込み、配達先の地域ごとに分けていく。区分機は通常より2台多い5台をフル稼働させており、配達する順番にそろえる。さらに、配達ミスを防ぐため、手作業で配達順を確認している。

 今シーズン、福知山局では31日までに市内分として約165万枚を引き受け、このうち元日には約137万枚を配達できる見込み。局を通過する分を含めると、取り扱い総数は約1200万枚になると予想している。

 元日に確実に届けるため、毎年「早めに」と呼びかけているが、差し出しは年々遅くなる傾向にあるという。


写真=局に到着した年賀状の天地や表裏などをそろえる短期アルバイトの人たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ