WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月27日のニュース

めでたや めでたや−法花寺万歳 正月にコウノトリ文化館で

1227hokkeji.jpg
 正月に「お家ますます繁盛」「めでたや、めでたや」と祝いの言葉を唱えて家々を回る法花寺万歳が、来年1月3日午前10時30分から、豊岡市祥雲寺の市立コウノトリ文化館で披露される。県指定無形民俗文化財で、保存会は今年11月に地域文化功労者として文科大臣表彰を受けた。

 法花寺万歳は江戸時代後期に村人が京都で習い覚えて帰郷したのが始まりとされている。第2次世界大戦で一度途絶えたが、1949年(昭和24年)に復活し、以後、地元の人たちが大事に守り伝えてきた。

 烏帽子(えぼじ)に素袍(すおう)を着て扇子を持った主人役の太夫と、大黒頭巾に栽着袴(たっつけばかま)を着て鼓を持つ才若(さいわか)が、三味線に合わせて、踊りながらゆかいに掛け合う。演目は家の門に入るときに演じる「門入り」と、養蚕や家の繁盛などをうたった「蚕祈祷」などがある。

 近年では毎年1月3日にコウノトリ文化館で披露するのが恒例になっている。施設は県立コウノトリの郷公園内にあり、コウノトリを見ることができる公開ケージに隣接し、資料が展示してある。入館無料。電話0796(23)7750。


写真=伝統芸能の法花寺万歳

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ