WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月21日のニュース

住民主体の地域おこしを 三和で講演と意見交換

1221ikenkoukan.jpg
 福知山市三和町寺尾の三和荘で、「住民主体の地域おこし」をテーマにした講演会と意見交換会が19日に開かれた。地元の人や行政関係者ら約60人が参加し、三和地域のより良いまちづくりについて考え合った。

 三和地域の住民有志でつくるみわまちづくり会議とNPO丹波・みわが主催した。まちづくり会議は過疎高齢化、小学校統廃合など、三和地域の抱える課題を包括的にとらえ、地域の再生と振興を図るための将来像の策定を目的に10月に結成した団体で、今回の講演会と意見交換会が発足後、初の大きな取り組みになる。

 最初に龍谷大学政策学部の只友景士教授が講演。市民参加者を無作為で抽出した滋賀県守山市での市民懇談会を例に挙げ、市民に参加を呼びかけて開く会議に、関心の無かった人たちに関心を持ってもらって、声を聴く態勢をつくることが大切−と説明。「そういう人たちに潜在能力を発揮させる取り組みをする必要がある」と述べた。

 このあと5つのテーブルに分かれて意見交換会。「地域おこし−私たちに何ができるか」をテーマに話した。高齢化や獣害被害などの課題を挙げ、現状を把握するとともに、地域おこしのリーダーの育成や若年層の働く場の創出、空き家の活用策などについて意見を出し合った。


写真=自分たちができる地域おこしについて住民たちが意見交換

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ