WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月14日のニュース

新大江病院を市民病院の分院に 福知山市長が議会で答弁

新大江病院
 福知山市の松山正治市長は、医師確保などで安定運営ができるよう、大江町河守の国民健康保険新大江病院を、公設民営から公設公営に切り替えたいという考えを13日明らかにした。

 市議会一般質問で、指定管理者制度での病院運営の限界を訴えた議員の質問に答えた。

 新大江病院は、経営環境悪化による廃院を回避するため、旧大江町時代の05年から町主体で立ち上げた医療法人財団新大江病院が受け皿となり、公設公営から公設民営になった。しかし、近年は医師の確保の難しさなどの課題があり、住民からも公設公営を求める声が出ていた。

 診療科目は内科、消化器科、リウマチ科で、一般36床、療養型36床(うち介護型8床)。有路に有路診療所を持つ。

 松山市長は「法人との面談では近年特に医師確保が非常に困難と聞く。このままでは病院の存続が危ぶまれる」とし、「地域の命の砦。市民病院分院の方向で(公設公営を)検討していきたい」と話した。

 現行の指定管理期間は15年3月31日まで。


写真=公設公営化が検討される新大江病院

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ