WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月14日のニュース

冬季にも食中毒注意報 京都府が第1号を発令

 京都府は13日、府内全域に冬季食中毒注意報を発令した。これまで食品が傷みやすい夏場に、気象条件を基にして食中毒注意報を発令してきたが、今年度から冬季にも発令することにし、これが第1号。気象条件ではなく、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が増えてくると発令する。

■福知山など北部でノロウイルス増え■

 府北部(中丹西▽中丹東▽丹後保健所管内)、南部(京都市内と乙訓▽山城北▽山城南▽南丹保健所管内)のどちらかが、感染症胃腸炎の定点当たり患者報告数10人を超えた時に発令する。府内全体で同じ週のうちに2件以上の食中毒が発生して、注意報が必要と認めた場合も発令する。

 府内の感染性胃腸炎は、定点(調べている医療機関)1カ所あたりの患者報告数が、今年第49週(12月2日−8日)で府北部平均が発令基準を超える10・17になった。

 内訳は福知山市の中丹西が12・33、舞鶴、綾部市の中丹東が12・60、京丹後は5・50。南部は平均6・90だった。

 夏場の食中毒注意報は時間(日数)を指定して発令するが、冬季は期間を設定しない。

 中丹西保健所は、食中毒を予防するために、調理前の手洗い徹底▽食品の十分な加熱▽調理に従事する人は普段から感染しないよう、食べ物や家族の健康状態に注意することなどを呼びかけている。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ