WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月10日のニュース

しめ縄作りピーク 人材センターでお年寄りら黙々と作業

しめ飾り作りに
 新年を控えて、福知山市昭和新町の市シルバー人材センター(小西英樹理事長)で、会員がしめ飾り作りに追われている。

 しめ飾り生産部(大槻日出雄委員長)が担当し、70歳前後の会員約15人が11月18日から始めた。わらのにおいが漂う室内で黙々とない、ごぼう、めがね、輪飾り、神棚用の4種類約1500本を目標に、作業がピークを迎えている。10日ごろまで作業を続け、販売前に飾り物を付ける。

 シルバー人材センターは、高齢者の生き甲斐づくりのために臨時、短期の仕事を提供する公益社団法人で、福知山では自主財源の確保と会員の就業拡大のためにと、会員が05、06年に講習を受け、07年からしめ飾り作りを始めた。

 スタート時の売り上げは約17万円だったが、会員の技術が向上するとともに注文数が増えて、昨年は約66万円の売り上げがあった。

 会員への販売が主だが、26日から3日間は、センター前のシルバーショップで一般向けに取り扱う。


写真=わらをなって作り上げる会員

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ