WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月 9日のニュース

迎春準備に氏子と学生で8メートルのしめ縄 大原神社

大しめ縄づくり
 福知山市三和町大原の大原神社で8日、本殿に飾る長さ8メートルの大しめ縄づくりが行われ、地元の55歳から84歳までの住民と成美大学の学生らが白い息を吐きながら、迎春準備の作業に取り組んだ。

 隔年で氏子や地元老人会、大原うぶやの里活性化推進協議会らの協力を受け、本殿に8メートル、火之神神社は6メートル、水門神社には3メートルの長いしめ縄を作って取り付けている。

 今年は約25人が絵馬殿で作業。稲わら約300束を、ないやすいようにと1束ずつ木材の上に乗せ、「てんころづち」と呼ばれる道具で打ったり、きれいに仕上げるためにあまり良くないわらを取り除いたりした。

 最後はロープを芯代わりに使ってしめ縄を完成させ、本殿などに取り付けた。

 老人会と推進協議会の会長を務める小林英夫さん(80)は「人と人とがつながる地域の共同作業。これをきっかけに古里をもっと元気にしていきたい」と話していた。推進協と京の景観パートナーシップを締結している成美大学から参加した経営情報学部4回生の藤村俊貴さん(22)=京丹後市=は「大変さが分かり、いい経験をさせてもらいました」と喜んでいた。


写真=学生や氏子らが協力して作った

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ