WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年12月 6日のニュース

国交省が由良川の治水対策前倒し 430億円の予算で事業加速

由良川 9月の台風18号で浸水被害などをもたらした由良川の治水対策が進展する。国土交通省はこのほど、福知山市などを流れる由良川で「災害対策等緊急事業推進費」を活用し、緊急的な治水対策に着手すると発表した。これに合わせて由良川には推進費を含め約430億円の事業費がつくことになり、おおむね10年以内で河川整備計画の治水対策が前倒しで実施される。

■築堤、宅地かさ上げなど10年で■

 推進費を活用し、河川改修事業として連続堤未完成区間の戸田地区、私市町(綾部市)での築堤整備▽中、猪崎地区での河道掘削▽南有路地区での樋門整備を実施する。

 このあと、今年6月に策定した由良川水系河川整備計画(約30年)を前倒しで実施。下流部では家屋への浸水を防ぐため、福知山の北有路、下天津、二箇、日藤、河東、筈巻、舞鶴の和江、丸田、下東、三日市、岡田由里、油江、蒲江、上東、大川、桑飼上、桑飼下で、地区を囲む輪中堤の整備や宅地のかさ上げなどを行う。

 中流部では川北、私市、前田、戸田、観音寺の全体堤防整備などを進めるという。

 近畿地方整備局は「10年以内でほとんどを実施する」と話している。


写真=治水対策がスピードアップする由良川

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ