WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年11月22日のニュース

花火大会事故から百日 松山市長ら現場で献花

1122kenka.jpg
 今夏の福知山花火大会事故から百日となった22日、大会を共催した福知山市の松山正治市長らが、事故現場となった由良川音無瀬橋下流左岸を訪れ、亡くなった人の冥福を祈るとともに、負傷者の一日も早い回復を願った。

 事故現場近くの堤防上に設けられた献花台に、松山市長と市議会の奥藤晃議長が訪れ、ユリと菊の花を捧げ、手を合わせた。献花後、松山市長は「まだ病院に入院し、治療を受けられている方がおられ、一人一人病状も違う。今後も商工会議所や関係機関と連携を取り、しっかりと誠意を持って対応したい」と話した。

 花火大会は実行委員会が主催、福知山市が共催し、福知山商工会議所が主管するイベント。8月15日夜、由良川河川敷の屋台が爆発炎上し、観客3人が死亡し、54人が重軽傷を負った。


写真=献花後、手を合わせる松山市長(右)と奥藤議長(左)(きょう午前8時45分)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ