WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年11月20日のニュース

高速道の除雪車大きいなあ 小学生が見学

高速道の除雪車
 福知山市長田野町のネクスコ西日本福知山高速道路事務所(熊野賢二所長)で19日、小学生を対象にした「雪氷対策車両見学会」が開かれた。児童たちは、普段あまり見ることのない除雪車などに、目を輝かせていた。

 福知山事務所は舞鶴若狭自動車道の三田西−小浜両インターチェンジ間を担当。20日から4月5日までを雪氷対策期間とし、凍結防止や除雪などをして、円滑な交通確保に努めていく。

 車の見学会は、国語の授業で働く車について学ぶ小学1、2年生を対象に毎年行っており、今年は美河、美鈴、有仁、成仁の約100人が訪れた。

 初めに、凍結を防止するために散水車で塩水をまく実演を見たあと、5班に分かれて除雪車や湿塩散布車、パトカーなど約30台を見学した。
 児童たちは、車両の大きさにびっくり。「これはなんていう車ですか」などと積極的に質問し、熱心にメモをとっていた。

 同事務所によると、昨年度の積雪量は12月が前年に比べて多かったが、1月以降は少なくなり、作業日数も79日間と前年より3日減った。今冬は、気温が平年並みかやや低めになる見通しとなっており、12月中旬から下旬は寒気の影響を受けやすく、2月も低気圧の通過などで降雪が多くなりそうだという。


写真=雪氷対策車両の大きさに目が釘付け

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ