WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年11月18日のニュース

台風18号:家の片付け続く住民 マッサージ師らが心もほぐす

1118masaji.jpg
 台風18号で浸水被害を受けた福知山市内の地域は、復旧が進んで屋外は元の姿に戻った所が多いが、家屋の中は、まだ片付けが終わっていない。京都府鍼灸マッサージ師会のメンバーらが14日、7割の家屋が被災した土(つち)地区でマッサージボランティアをして、疲れがたまっている住民の体と心をほぐした。

 ボランティアは田中光博副会長ら北部ブロックのメンバーを中心に「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を持つ5人が参加した。

 開催場所の土公会堂には高齢者ら約30人が次々と訪れ、5人が順番にマッサージ。家屋の被害状況や体の様子、世間話をしながら、心身を癒やしていた。

 自宅が床上20センチ浸水した60代の女性は「毎日、少しずつ片付けをしています。台風前は週1回マッサージに行っていましたが、最近は片付けに忙しく行けていませんでした。きょうは気持ちよく、ありがたいです」と喜び、床上90センチまで水が来たという男性は「片付けはまだまだ。本当に疲れます」とマッサージの順番を待っていた。

 田中権一自治会長(66)は「復旧は半ばで、住民のみなさんは疲れが出てきています。こういったボランティアは復旧に向けて大きな力になります」と喜んでいた。 


写真=体をほぐしてもらう住民

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ