WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年10月31日のニュース

ビーチバレー:高校生で史上初 福知山成美の石坪選手が日本代表に

日本代表の石坪選手
 福知山成美高校3年生、女子ビーチバレーボールの石坪聖野選手(桃映中出身)が、日本代表に選ばれた。高校生の代表入りは史上初めて。国内ランキング1位の草野歩選手=ミキハウス=とペアを組み、11月7日から中国武漢市で始まるアジア選手権に出場する。日本代表は2組出場する。

■ランキング1位選手とペア組みアジア選手権出場■

 石坪選手は、5月に日本代表候補8人に選出されていた。U21アジア大会で銀メダルを獲得するなどの活躍が評価されて日本代表入りが決まった。

 アジア選手権には、中国、オーストラリアなどの強豪国のペアが名を連ねる。年齢の縛りがない世界最高峰の戦いは「想像できない場所」。それでも「ちょっと緊張しそうですが、ビビらずにいきたい」と、心は落ち着いている。

 今年一年で周囲の環境が一気に変わった。日本代表候補になった時には戸惑い、日本代表が決まった直後には実感が湧かなかったが、今は国を背負うことの重さを受け止めて「何を置いてもビーチにかける覚悟を決めました」。

 このほど女子日本代表の白鳥勝浩監督が来福し、マンツーマンで指導を受けた。得意のスパイク、サーブもまだまだ改善が必要と痛感。「アジア選手権まで時間がないけれど、修正してベストで臨みたい」と気持ちを引き締める。

■リオ、東京五輪へ大きく踏み出す■

 3年後のリオデジャネイロ五輪、そして7年後の東京五輪へと大きく踏み出した教え子に向けて、成美高の松田英人監督は「高校を卒業してからも、いろんなことに直面していくと思う。その時にはいつでも支えてやれる存在でありたい。頑張ってほしい」とエールを送る。


写真=日本代表の石坪選手。3年間練習してきた成美高のビーチバレーコートで

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ