WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年10月28日のニュース

流失した由良川三河橋を京都府が調査

調査が始まった三河橋
 台風27号の増水によって流失した福知山市大江町二箇下−三河間の由良川に架かる潜没橋「有路下橋(三河橋)」で、府中丹西土木事務所は28日から、橋の調査を始めた。

 26日未明に中央部の約65メートル部分が流失。台風などの影響で川が増水し、府は25日午前8時30分から通行止めにしていたため、車や人が落下するなどの事故はなかった。

 調査初日は橋脚が川底部分でどれだけ洗い流されているかを、二箇下、三河両岸部で専用の道具などを使って調べている。

 水位は通常に戻っており、流出した橋面や橋脚の一部が周囲の水域で確認できる。府では当面の間、川の状況や橋の構造などの調査を継続。調査結果を受けて、橋を架け替えるのか、補強していくのかといった方針を、河川管理者の国と協議しながら決めていく。

 二箇下の大槻博路さん(64)は「三河橋は車だけでなく、中学生の通学路にもなっている。長年、有路下地域では橋の架け替えを要望しているので、補強ではなく、水がつかない安全な橋に掛け替えてほしい」と願っている。

■在田橋も調査のため通行止めに■

 三河橋の流失を受け、府は27日から、川上にある潜没橋「在田橋」(大江町在田−公庄間)の調査も始めている。同日は三河橋と同様の調査を実施。現在通行止めにしている。


写真=橋脚などの調査が始まった三河橋(28日午前9時20分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ