WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年10月24日のニュース

淑徳高の生徒たちが商店街でカフェ 特製バーガーなど販売

急ピッチで準備を進める福知山淑徳高校の生徒たち
 福知山市正明寺、福知山淑徳高校の生徒たちによる26、27両日限定の店「淑徳カフェ・サンクス」がオープンする。特製のハンバーガーやケーキセットなどをいろいろ販売する。場所は広小路通り商店街の映画館・福知山シネマが館内多目的スペース「シネマ・プラス」を提供。両日とも午前10時から午後3時まで。

 福知山まちづくり会社の高校生対象の若人チャレンジ事業、まちかどギャラリー「あせんぶり」のひとつ。5回目の企画で、来店者らに感謝の気持ちを込めて、前回までの「かふぇ・あせんぶり」から、名称を「サンクス」に変更して開店する。

 販売する淑徳オリジナルバーガー、ケーキセット(ドリンク付き)、ハヤシライスは調理系列の30人が手がけ、いずれも500円。数に限りがあるため、売り切れ次第終了となる。

 トマトとタルタルの特製ソースが自慢のオリジナルバーガーは、バンズに豚バラ肉とベーコン、トマト、レタスを挟んでボリューム満点。またハニーマスタードを加えることで、女性や子どもにも食べやすいよう工夫されている。

 デミベースのハヤシライスも、「味、量ともに申し分ない」と関係者たち。ケーキは2種類で、マロンや梨を使用し、秋をイメージした自信作。

 このほかスノーボールやガレット、フィナンシェなどの焼き菓子5種類と各ドリンクも、それぞれ100円で販売する。

 試作を含めて準備は3週間前から始めており、オープンを直前に控えた21日からは、みんなで協力して焼き菓子などの仕込み作業に追われている。

 3年の木下勝君は「試作を重ねて完成させたものばかりなので、お客さんが笑顔になってくれたらうれしい。ぜひ、足を運んでください」と話している。

 また台風18号災害と福知山花火大会の事故に対する支援活動として、店舗内に募金箱を設置し、寄付を呼びかけることにしている。


写真=カフェのオープンに向け、急ピッチで準備を進める生徒たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ