WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年10月12日のニュース

浸水したスーパーがテントで販売再開 待ち兼ねた人ら長い列

テントで販売再開したフクヤ大江店
 台風18号水害で店舗が浸水し、休業していた福知山市大江町河守新町のスーパー「フクヤ大江店」が、11日から駐車場でテントを張り、特別販売を始めた。店舗内はまだ使えない状態だが、買い物に不自由をしていた住民たちがたくさん訪れ、久しぶりににぎわいを見せた。今後も火、金曜日に営業する。

 大江店は店舗の約2・5メートルの高さまで泥水ついた。現在内部の復旧作業をしているが、被災した住民たちの利便性を考え、復旧完了まで待たず特別販売することを決めた。

 テントを2基設け、野菜や果物、卵、魚、肉、パンなどを販売。午前9時からのオープンだったが、30分前からやって来る人もいて、他店からの応援も含めスタッフ8人で対応した。

 レジ前には長い列ができ、来店者は店員に「大変やったね」「店が開くのを待ってたんです」などと声を掛けていた。

 自宅が床上浸水した公庄の女性(80)は「買い物は友だちの車に乗せてもらい、福知山(市街地)まで行っていたので、販売が始まり本当にうれしい。早く店が開くことを願っています」と期待していた。

 中路公子店長(34)は「水がついた翌日から、店を心配して来てくださった方や電話で再開の日を聞かれる方もおられたので、早く再開しなければならないと思いました。11月中にはなんとか開けたいと思っています」と話していた。

 特別販売は毎回午後1時まで。
 
 
写真=レジ前には買い物客の長い列ができた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ