WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年10月 9日のニュース

台風被災者の支援制度 福知山市が説明会始める

1009setumeikai.jpg
 台風18号水害の被災者には、支援金の支給や税の減免などさまざまな支援制度がある。各制度を住民に周知徹底してもらおうと、福知山市は8日から自治会長と民生児童委員向けの説明会を始めた。11日まで、被災地域を対象に計4カ所で開く。

 8日夜には大江町南有路の有路上地域公民館で開き、周辺自治会の自治会長や民生児童委員約20人が出席。罹災(りさい)証明書は無料発行すること、住宅の新築、補修などをする場合は、被災程度によって費用の一部を補助する制度があること、個人府・市民税、介護保険料、国民年金保険料などが減免されることなど、約20種類の制度について職員が説明した。
 
 制度は多岐にわたり、被災者自身が申請しなければ受けられない場合がある。出席者からは「心配なのは独居老人や高齢者世帯。十分な説明をしてほしい」という意見が出され、市は「ワンストップでサービスが受けられるような態勢ができないか考えています。まず支援制度があることを伝えてほしい」と要望した。
 
 
写真=自治会長らが市職員の説明に聴き入った

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ