WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年9月14日のニュース

花火大会屋台事故:献花絶えず 千羽鶴や野球ボールも

供え物が絶えない献花台 福知山花火大会屋台爆発炎上事故の現場は福知山市の音無瀬橋下流由良川左岸(市街地側)河川敷。火元とみられる屋台があった河川敷の階段そばと堤防上には事故5日後から献花台が設けられていたが、今は堤防近くの空き地1カ所だけになった。それでも花や飲料水などを供える人は絶えず、散歩途中の人たちが立ち止まり、手を合わせる姿が見られる。

 献花台の花は当初、ヒマワリなど夏の花などが多かったが、季節が移りススキを生け込んだ鉢も供花として置かれている。
 
 事故で亡くなった少年が野球をしていたため、供養になればとボールも供えられ、その横には紙で作った地蔵の人形も。色とりどりの千羽鶴は入院中の負傷者の一刻も早い回復を願い、与謝野町のフラダンスサークルが折った。
 
 事故が起きた2日後、まだ献花台がない現場で真っ先に献花をした市内在住の会社員、霜澤真さん(23)は「入院されている人たちが一日も早く退院してもらえるよう願っています。以前のように日常生活を送ってもらえるよう、自分も何かサポート出来ることがあればやりたい」と話している。
 
 
写真=献花台には花のほか、紙で作った地蔵の人形なども供えられている(13日撮影)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ