WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年9月12日のニュース

火気使う行事に計画書要請 花火大会事故受け消防本部

 花火大会露店爆発炎上事故を受けて、福知山市消防本部は11日、多くの人が集い、火気を使う屋外イベントを開催する場合、実施計画書の提出を主催者と出店者に要請することや、発電機の使用自粛を求める指導要綱を10日付で新たに定めたと発表した。事故を教訓にした内容を盛り込み、類似の火災事故の再発防止を徹底していく。

 今回定めたのは消防本部の内規で、「多数の観客等が参加する行事に対する火災予防指導要綱」。計画書は、屋台の内容や使用する火気の種類、消火器の準備状況などを記入し、消防署に提出する。主催者らから事前報告を受けることで消防が行事を把握。現地での火気の取り扱い状況をチェックし、火災事故を防ぐ。
 
 今回の事故では、屋台の店主が発電機に給油する際、携行缶の取り扱い方法を誤った可能性があるため、ガソリンなどを燃料とする発電機の使用を「できる限り控える」ように求め、送電電気の使用を勧める。
 
 やむを得ず発電機を使う場合、燃料補給時は観客から十分に安全な距離を確保することや、漏れたりあふれたりしないよう細心の注意を払う−などと定めている。
 
 指導要綱に基づき、消防本部はイベント主催者や出店者になることが予想される自治会、行政、学校などに事前報告の要請を行っている。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ