WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年8月23日のニュース

花火大会屋台事故:寺内タケシとブルージーンズ 被害者の力にと支援コンサート

0823terauti.jpg
 福知山市中ノの市厚生会館で9月7日に開かれる「寺内タケシとブルージーンズ」のコンサートが、福知山花火大会の屋台爆発・炎上事故を受けて、急きょ被害者に見舞金を送るためのチャリティー形式に変更して開かれることになった。収益の全額を、両丹日日新聞社が実施する事故被害者へのお見舞い募金に寄せる。

 寺内さんは「エレキの神様」として親しまれているギタリストで、1962年、「寺内タケシとブルージーンズ」を結成し、エレキブームの仕掛け人になった。日本レコード大賞功労賞など受賞歴は多数ある。
 
 国内外で公演し、全国の学校だけでも、約1570校を巡回。「ギター演奏で多くの人々を勇気づけたい」との思いも強く、一昨年の東日本大震災後には、被災地にミネラルウオーターなどを満載した11トントラック2台とともに訪れて、被災者支援のコンサートを開いた。
 
■当初の目的を急きょ変更■
 
 コンサートはTBJ京都後援会が主催、両丹日日新聞社などが後援し、当初は「寺内タケシとブルージーンズ」の結成50周年記念で開く予定だった。しかし、事故で60人もの死傷者が出て、福知山市内のイベント中止が相次ぐなかで、予定通り開催するか、延期するか協議を続け、最終的に被害者を支援できる形にして開くことに決めた。
 
 コンサートは午後3時に開場、同4時に開演する。亡くなった人たちに黙とうを捧げたあと、寺内さんが事故についての心境を語り、2部構成で合わせて30曲余りを演奏することにしている。
 
 チケットはS席5500円、A席4500円、一般席3500円。チケットは、市内ではTSUTAYA・AVIX福知山店、光陽堂楽器、福島文進堂に置いている。残席がある場合は、当日券をそれぞれ500円増しで販売する。問い合わせはTBJ京都後援会=電話0771(55)5088=へ。
 
■会場には募金箱も■
 
 TBJ京都後援会の岩堀典明事務局長は「犠牲者のご遺族、負傷された方やご家族のお気持ちを察すると胸が張り裂ける思いです。私たちが被害者の方たちに少しでも役に立てることができればと、予定通りの日程で趣旨を変えて開くことにしました。収益は見舞金に充て、会場には募金箱も置きます。一人でも多くの人に来ていただければ」と来場を呼びかけている。
 
 
写真=来福する寺内タケシさん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ