WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年8月16日のニュース

「痛い」「助けて」悲痛な声 福知山花火大会で屋台爆発

0816hanabijiko.jpg
 第72回福知山花火大会会場の福知山市の音無瀬橋下流由良川河川敷で、打ち上げ直前の15日午後7時30分ごろ、露店の屋台が爆発、炎上する事故があり、花火を見に来ていた人ら59人がやけどなどで市内外の病院に搬送された。19人が重傷で、うち数人は重篤な状態になっている。花火大会実行委員会は大会を中止した。

 花火大会の開始約1分前だった。河川敷には約170店の屋台が軒を連ねていた。炎上したのは由良川左岸(市街地側)音無瀬橋寄りの屋台で、火の手が上がって、さらに「ドーン」と爆発音がした。観衆らは立ち上がり、「火事や」とあちこちから叫び声が聞こえた。
 
 大会本部から消防車が現場に向かっていることが放送され、「火災現場には近づかずに落ち着いて行動してください」と呼びかけられたが、消防車が到着後、再び爆発。屋台の近くにビニールシートなどを敷いて打ち上げを待っていた人たちは騒然となり、一帯には黒焦げになった屋台の骨組みやペットボトルなどが散乱した。火元の屋台から延焼し、計3店が焼けて約10分後に鎮火した。
 
 会場では「けがをした方は大会本部に連絡してください」と放送が繰り返された。救急車が待機する音無瀬橋西詰めの広小路通りに堤防の階段を自力で上る人だけでなく、大やけどを負って河川敷に倒れた状態の人もいて、消防署員に担架を使って運ばれていた。
 
写真=爆発し炎上する屋台(15日午後7時30分過ぎ)
 
【関連ニュース】
 ・「痛い」「助けて」悲痛な声 福知山花火大会で屋台爆発
 
 ・福知山花火大会屋台爆発 けさ実況見分
 
 ・福知山花火大会屋台爆発 負傷の子、悲壮な声
 
 ・続報:福知山花火大会爆発事故 重傷数人は命の危険(速報)
 
 ・福知山花火大会で屋台爆発 子ども含む58人重軽傷(速報)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ