WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年8月12日のニュース

称賛の夏 最後まで諦めず福知山成美、大接戦

左翼線に二塁打を放つ西田 第95回全国高校野球選手権大会は11日、甲子園球場で第4日の4試合が行われ、5年ぶり4回目の出場を果たした福知山成美は、第2試合で沖縄尚学と対戦。試合は最後までもつれる大激戦となったが、7−8で惜しくも敗れた。猛烈な暑さの中、選手たちはすばらしい戦いを見せ、スタンドの応援団からは「よくやった」「ナイスゲーム」と称賛の声が飛び交った。

 今夏の甲子園1勝はならなかったが、選手たちは力を出し切り、見る人々を感動させる好試合だった。
 
 さすが春夏連続して甲子園に駒を進めてきた沖縄尚学は、非常にシュアな打撃で、好投手の仲村渠でさえ、抑え込むのは難しかった。
 
 相手打線とマウンド上の暑さと戦いながら苦心の投球を続けるエースを支え、懸命に守り、相手3投手に挑んだナイン。惜しくも敗れ去りはしたが、いつまでも福知山の人々の記憶に残る好チームだった。

福知山成美
020210002=7
01100312x=8
沖縄尚学
力いっぱいの投球を見せた仲村渠 ○…3点を追う9回表、2死無走者から3番佐野、4番坂本の連打のあと、5番木村典が右翼線二塁打で2人をかえし、一打同点の場面をつくった成美。最後は仲村渠が相手投手の渾身のストレートに抑えられたが、このチームの真骨頂「つなぐ野球」を最終回まで、しっかり貫いた。
 
 成美は2回、安打で出塁したこの回先頭の木村典を6番仲村渠の左越二塁打でかえし、さらに2死後、9番西田の左翼線二塁打で2点を先制。
 
 同点に追いつかれた4回にも、同様に仲村渠の適時二塁打、8番平本の中前打で勝ち越し、5回には坂本がレフトに一発を放ち、リードを広げた。
 
 仲村渠は、序盤の2回に打たれた適時二塁打も3回に浴びた本塁打も、ともに生命線ともいえるストレート。京都大会ほどの威力と細かな制球はないように見えた。中盤からは変化球を多投する苦心の投球となった。
 
 尚学打線は、変化球でボールが続くと、そのあとの直球を狙いすましたように逆方向へ打ち返す。指示が徹底され、それを実行できるまでに選手たちは鍛え上げられていた。なんとか踏ん張っていたエースは、8回2死、木村匠にマウンドを譲った。
 
 田所孝二監督の話 攻撃的には良く点を取れていただけに、しなくてよい失点が残念。仲村渠は京都大会終盤より一段下がった状態だったが、諦めずに踏ん張った。甲子園という独特の舞台で選手たちは全員頑張ったと思う。4万8千人という今大会一番の大入りで、たくさんの市民のみなさんの応援に「ありがとうございました」と伝えたい。
 
 
写真上=2回表、2死三塁で左翼線に二塁打を放つ西田
写真下=耐えて、力いっぱいの投球を見せた仲村渠

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ