WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年7月30日のニュース

つなぐ「全員野球」で京都の頂点 福知山成美高校

0730dageki.jpg 福知山成美高校の打線。昨秋、今春と公式戦で振るわなかった。それが夏の大会で息を吹き返した。10−0の5回コールドで8強入りを決めた西城陽戦を終えて、田所監督は「新チームは打てなくて、どこか自信なさげだった。でも、練習試合では打線が爆発することもあった。力はある。ようやく出たかな」と笑った。

 昨秋までの打線は引っ張るばかりだったが、センターを中心に弾き返したり、右打者が右方向に打てるように改造。コンパクトなスイングのできる選手をスタメンに起用して、しっかりつなぐ打線づくりの種をまいた。
 
 その成果が見て取れたのが決勝の鳥羽戦。5回、4番坂本を迎えた鳥羽の外野守備は定位置よりかなり左寄りだった。だが坂本は脇を締めて小さく振り抜いた。打球は右翼線へ飛び、貴重な適時三塁打になった。7回には3番佐野が右中間を抜く適時二塁打を放ち、田所監督に「あれが理想のバッティング」と言わしめた。
 
 大会中の守備も良かった。深い当たりをスタートよく追って捕球する外野手、ライナーに飛びつく内野手の好プレーが光った。決勝で相手の盗塁を2度阻止した捕手佐野の素早い送球と肩、好リードは目についた。昨夏京都準優勝の京都両洋を1失点に抑えるなど、たびたび登板した木村匠投手の好投など、成美の選手層の厚さも優勝への大きな力だった。
 
 そして、決勝戦でのスクイズが試合の流れを呼び込んだように、伝統の「打ち勝つ野球」だけでなく、バントもからませた「つなぐ野球」を体現するナイン。京都大会は成美の新しい「全員野球」を印象付けた。
 
 甲子園での成美旋風に期待したい。
 
 
写真=昨秋、今春と不振だった打線が夏の大会で息を吹き返した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ