WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年7月26日のニュース

足のしびれも精神修行 子どもたちがお寺で禅の集い

0726zazen.jpg
 福知山市多保市の善光寺(大山義道住職)で25日、中丹子ども禅の集いが開かれ、福知山、綾部両市内の小学生97人が参加し、座禅を体験した。

 両市の曹洞宗寺院でつくる曹洞宗中丹青少年教化協議会(会長・荒山高良長福寺住職)が夏休み中の精神修行を目的に開いた。
 
 本堂に集まった子どもたちは最初に僧侶から手、足の組み方を教わったあと、鐘の音を合図に座禅を始めた。
 
 初めて体験する子が多く、足の組み方がぎこちなかったりしたが、僧侶たちから「背筋を伸ばして、あごをひいて」などとアドバイスを受け、真剣な表情で臨んでいた。足のしびれを我慢して約15分間の座禅を2回行い、希望して警策での肩たたきを体験する児童もいた。
 
 雀部小学校5年生の立身一成君は、集いでの座禅は4回目。「慣れているので、足は痛くありません。座禅中は何も考えず座っていました」と話していた。このほか、お地蔵さんや観音さんの絵を描く「写仏」などもした。
 
 
写真=静かに座禅を体験する児童たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ