WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年7月 4日のニュース

アーチェリー:目標はインターハイ8強 京都府代表の府立工業

0704ache.jpg
 福知山市石原、京都府立工業高校アーチェリー部が、京都代表で8月2日から佐賀県武雄市で始まるインターハイ(全国高校総体)に出場する。4年連続。高得点を狙える選手がそろい、団結力にも自信がある。力を合わせて、全国初入賞の8強入りを目指す。

 府予選はこのほど同校グラウンドであり、男子団体で優勝した=既報=。
 メンバーは、部内選考会を突破した4人。主将で3年生の赤見坂槙也選手(綾部中出身)、3年生の亀井友貴選手(大江中出身)、3年生の山田拳選手(南陵中出身)、2年生の立居拓人選手(成和中出身)。
 
 団体戦はチーム内上位3人の得点の合算で競う。4人は全員ベスト記録が600点前後で、全国16強入りの目安になる合計1800点を突破する力がある。あと1カ月で追い込み、更に点数を引き上げたいという。
 
 4人の中で1人、昨年のインターハイに出場した亀井選手は「空気にのまれてしまいました」と振り返る。苦い経験だったが、そのことを今の仲間に伝えることが出来たので、無駄ではなかった。
 
 中学生時代の部活はバラバラ。運動部出身者ばかりでもない。そんな仲間が成長して、高校最高峰の戦いに挑む。
 
 赤見坂主将は「これだけ大きな舞台に立てる機会は、もしかしたら最後になるかもしれない。8強入りが目標ですが、まずはみんなで大会を楽しみたい」と抱負。川島通生顧問は「今年のメンバーは粒ぞろい。実力通りにいけば彼らが目指しているところには届くと思っている」と期待している。
 
 
写真=インターハイ8強入りを目指す赤見坂、亀井、山田、立居選手(手前から)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ