WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年7月 1日のニュース

大声で連携、機敏な動き 福知山市消防団が実践訓練

0701kunren.jpg
 京都府消防協会福知山市支部(支部長・山田浩和市消防団長)の実践消防訓練が30日、東羽合の市消防防災センター内にある消防訓練場で開かれ、6ブロックの消防団員たち約360人が参加して、選抜チームが日ごろの活動や訓練の成果を披露した。

 団員たちの消火活動技術の向上と士気を高めるため隔年で開いている。来賓のほか一般市民も集まり、本番さながらの緊張感ある訓練を見学した。
 
 日ごろは分団ごとに訓練を積んでいるが、広域で協力して消火活動にあたるケースを想定し、今年は分団の枠を越えた連携を重点に開催。中央(庵我、修斉、上豊)▽大江(有路上、河守、河守上)▽東部(雀部、佐賀、西中)▽三和(川合、細見、菟原)▽北部(三岳、上川、金山)▽夜久野(上夜久野、下夜久野、中夜久野)の各ブロックから、指揮分団長と3小隊18人が出動し、消防車両を並べてホース延長や放水操作などをした。
 
 団員たちは大きな声で連携をとりながら、機敏な動きで作業にあたっていた。
 
 最後に福知山市支部の理事、大崎直樹さんから「良いところは伸ばして、ミスは今後に生かしてほしい」と講評があり、団員たちはさらに気を引き締めていた。
 
 
写真=目標に向けて放水をする団員たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ