WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年6月28日のニュース

福知山市が廃棄公文書を溶解リサイクル

0628koubunsyo.jpg
 福知山市は、廃棄する公文書をリサイクル業者を通じて紙に再生する「リサイクルペーパー化事業」に取り組んでいる。28日には東堀の書庫で、職員が廃棄公文書を業者に搬入するため、輸送用トラックへの積み込み作業をした。

 市役所エコオフィス推進事業の一つで、保存年限が過ぎた公文書を廃棄し、資源の有効活用を図るのが目的。2000年度から実施している。
 
 公文書の保存は種類によって1年、3年、5年、10年と定まっており、今年4月1日現在で保存年限が過ぎた公文書は約18トンある。
 
 書庫では、市各部の職員34人が廃棄公文書が入った段ボール箱1620個を、次々に2台のトラックに積み込んでいった。
 
 運び込まれるのは機密文書の溶解処理などをする兵庫県のリサイクル業者で、積み込み作業が終わると市職員2人がトラックについていき、溶解されるまで確認する。
 
 溶解処理後は段ボール用紙、新聞用紙として再生される。
 
 市では職員のノーマイカー出勤や庁舎内の冷房を28度に設定してのノーネクタイ、ノー上着のクールビズ、3階以内のエレベーターの使用自粛などにも取り組んでいる。
 
 
写真=保存年限が過ぎた公文書が入った段ボール箱をトラックに積み込む市職員(28日午前10時20分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ